事業承継としてM&Aを有効活用する方法

事業承継とは、今の経営者から会社の経営を、次の後継者に引き継ぐことをいいます。事業承継を行う方法として、まず子供や従業員を後継者にした方法が考えられますが、後継者として会社経営を任せられる子供や従業員がいない場合もあります。このような場合にM&Aを事業承継の方法として、有効活用することができます。

38-2-min
1. M&Aを事業承継方法とすることのメリット
事業承継の方法として、子供や従業員に後継者としたい人がいないといきは、事業を存続することができない可能性がり、廃業せざると得なくなってしまいます。廃業するとなると、従業員や取引先に大きな影響を与えてしまいますので、できれば事業を存続させていきたいものです。M&Aという方法をとることで、経営者が事業に投資した資金を回収できるという側面もあります。
また、M&Aで事業承継していくことにより事業を存続させていくことは、他社と合併することを意味しますので、事業規模を拡大し新しい価値を生み出していく可能性も生まれます。

38-1-min

2. 事業承継にM&Aを利用するときの注意点
事業承継にM&Aを利用するときには、アドバイザーを選定し、事業価値を計算し、買い手と交渉をし、契約の締結や従業員への説明をした後に、統合作業をしなければなりません。まずは、M&Aを行うためのアドバイザーを選定し契約するときに、何をどこまで任せるかの確認をしっかり行う必要があります。信頼できる税理士や公認会計士のアドバイスを受けながら手続きを進めることをおすすめします。
また、M&AはM&Aの契約をすれば終了するものではなく、統合作業を円滑に行うことができるかどうかが、事業承継後の事業発展のためのポイントとなります。

あわせて読まれている記事

医療法人 医業経営 M&A
病医院のM&Aと一般企業のM&Aとの違い
M&Aとは、買収・合併を意味します。M& ...
[続きを読む]
相続 事業承継 譲渡
医院や病院の事業承継と売却
医院や病院を開業している場合、特に後継者問題にお悩みの方にと ...
[続きを読む]
相続 税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 承継 事業承継 保険
EMZ(エムズ)通信 第20号 2018年5月25日
  EMZ(エムズ)通信 2018年5月25日 第 ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 経営 経営相談 経営改善 個人事業主 税務 事業承継 税金
EMZ(エムズ)通信 第22号 2018年6月5日
  EMZ(エムズ)通信 2018年6月5日発行 ...
[続きを読む]