事業承継をするための後継者の育て方

事業を行っている場合には、事業経営の安定化のために常に事業承継や後継者を念頭におくべきです。事業承継を行う予定がある場合には、後継者の候補者に対して必要な知識や能力を得ることができるように教育していくことも、事業を行う経営者の役割りだといえます。今回は。後継者を育てるにはどのような方法があるのかをまとめました。

29-1-min

1. 社内での後継者教育
 多くの会社で後継者を教育するために取り入れている方法として、さまざまな部門を横断的に経験させるという方法があります。事業全般の知識と経験を身につけることができます。
 後継者候補には、早い段階で経営幹部として経営の意思決定に参加させるのもよい方法です。経営者としてのリーダーシップを身につけ、事業に対する責任感や使命感を育てることができます。経営者の補佐役として、経営ノウハウなどを直接指導できる機会をできるだけ多く作る努力も大切です。

28-2-min

2. 社外での後継者教育
 後継者教育は、社内だけでなく社外でも行うことができます。たとえば、他社での勤務経験、社外セミナーの活用といった方法が考えられます。社内での後継者教育だけでは、自社での価値観・組織文化しか身につけることができませんが、社外での後継者教育を取り入れることによって広い視野を身につけることができます。
 他社での勤務経験や社外セミナーは、新しい価値観を社内に取り入れることになりますし、人脈の形成にも役にたちます。

あわせて読まれている記事

経営 事業計画
クリニックにおけるキャッシュフロー経営のすすめ
クリニックではキャッシュフロー経営を行うことができるかどうか ...
[続きを読む]
経営 開業支援
開業医が成功するには?
開業医として成功するかどうかは、儲けることができるかどうかに ...
[続きを読む]
経営 承継
医院経営と医師の採用の現状
医院を経営していくには、医師を確保する必要があります。しかし ...
[続きを読む]
経営 セカンドオピニオン 雇用 助成金
事業に役立つ助成金の受給方法
助成金とは、厚生労働省で取り扱っている支援金のことをいいます ...
[続きを読む]