個人クリニックの事業承継の特徴と節税ポイント

 個人クリニックで事業承継を行うときにはどのような特徴があり、節税をするためにはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

47-1-min

1. 個人クリニックの事業承継
個人クリニックの場合には、個人クリニックとしての事業用財産を事業承継しようとすると、相続財産として課税対象になります。事業承継対策として、まず最初にしなければならないのは、早期の相続対策として法定相続人の把握・相続財産のリストアップ・遺言書の作成といえます。
後継者が決まっている場合には、生前贈与対策や遺言書の作成が必須となります。これらを怠ると、他の法定相続人に事業用財産が相続され、個人クリニックの経営に支障が出る可能性があります。個人クリニックの場合は、しっかり事業承継がされないとスタッフや患者への影響も大きいので、生前の対策が大切です。

47-2-min

2. 個人クリニックの事業承継における節税対策
個人クリニックで事業承継をするためには、相続が発生する前の早期の対策が大切です。生前贈与を利用することで、相続財産を減らし相続税を節税することができます。ただし生前贈与の方法や金額によっては、相続税より贈与税の方が高くなってしまうこともありますので、専門家である税理士にアドバイスを受けながら生前贈与を進めていくことをおすすめします。
また、生前に譲渡によって事業承継を行うと、売却価格によっては譲渡損益が発生します。売却のほかにも、譲渡・賃貸などの方法もありますので、どのような方法が望ましいか、専門家である税理士のアドバイスを受けるとよいでしょう。

あわせて読まれている記事

経営 承継
事業承継をするための後継者の育て方
事業を行っている場合には、事業経営の安定化のために常に事業承 ...
[続きを読む]
経営 承継
医院経営と医師の採用の現状
医院を経営していくには、医師を確保する必要があります。しかし ...
[続きを読む]
医療法人 承継
医療法人が事業承継を行うときに気をつけること
医療法人は、医療法によって配当が禁止されおり、出資持分のある ...
[続きを読む]
承継 教育
医師になるために教育費用はいくらかかるのか?
医院経営をしていて後継者を考えるとき、医師になるための教育費 ...
[続きを読む]