医療法人での節税対策としての生命保険の活用

医療法人での節税対策として、生命保険を活用する方法があります。どのようなポイントに注意して、生命保険を活用すれば節税対策になるのでしょうか。

22-1

1. 節税対策として医療法人での生命保険の活用するときの注意点
個人事業では、生命保険料を支払っても経費とすることはできず、一定の所得控除が認められるだけです。医療法人の場合だと生命保険契約をして保険料を支払った場合、保険の種類によっては支払った保険料の一部または全額を損金とすることができます。
損金とできるかどうか、どの程度の範囲で損金にできるのかは、保険の種類によって異なりますので、保険契約をするときに保険会社に確認するようにしましょう。損金にできる金額が大きければ節税対策効果としては大きいですが、貯蓄性の少ない保険商品となります。保険契約をするときには、節税対策効果だけでなく、解約返戻金を受け取る時のことも考えて契約をする必要があります。

22-2

2..医療法人での生命保険活用の目的
医療法人で節税対策を兼ねて生命保険を活用するには、どのような目的で活用するのでしょうか。
(1) 出資持分のない医療法人の残余財産
 出資持分のない医療法人の場合は、残余財産の帰属先は国・地方公共団体になってしまします。そこで、残余財産をなるべく少なくするような工夫が必要になってきます。残余財産をなるべくすくなくするために役員報酬を高くする方法がありますが、役員報酬を高くすると所得税が高くなってしまいます。このような場合に、生命保険を利用して残余財産を少なくするという方法をとることができます。
(2) 退職金
 医療法人では、役員に退職金を支払うことができます。退職金は損金として計上することができますが、退職金の支給時に損金が集中してしまいます。
 退職金の支払い準備として生命保険を活用することで損金の計上を分散することができますし、退職金の支払準備確保、万が一退職する前に死亡した場合の死亡退職金とすることもできます。

あわせて読まれている記事

節税 医療法人 法人設立
医療法人設立のメリット・デメリット
医者として個人事業をしていて法人化すると、何が変わるのでしょ ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 節税 経営 事業計画 経営相談 経営改善 税務 会計 香港 海外 税金
EMZ(エムズ)通信 第37号 2018年9月17日
EMZ(エムズ)通信 2018年9月17日発行  第37号 ...
[続きを読む]
医療法人
医療法人の形態によるメリットとデメリット
個人クリニックから医療法人へのステップアップを検討している場 ...
[続きを読む]
節税 経営相談
MS法人のメリット・デメリット
MS法人とは、メディカルサービス法人の略称です。医療法人では ...
[続きを読む]