医療法人の形態によるメリットとデメリット

個人クリニックから医療法人へのステップアップを検討している場合、どのような形態の医療法人があり、そのメリットやデメリットが何か気になると思います。今回は、医療法人を形態別にわけて、メリットとデメリットを考えていきます。

25-1-min

1.医療法人社団と医療法人財団
医療法人には、医療法人社団と医療法人財団があります。出資によって設立されたものが医療法人社団で、寄付行為によって設立されたものが医療法人財団です。
医療法人社団は、出資額の払い戻しを受けることができます。医療法人財団は公益性の高い医療法人で、持分が認められず、解散時には理事会で残余財産の処分方法を決めることになり、知事の認可が必要です。医療法人のほとんどは、医療法人社団の形態をとっています。

25-2-min

2.持分あり医療法人と持分なし医療法人
医療社団法人は、持分あり医療法人と持分なし医療法人にわけられます。持分は出資持分のことで、出資持分があるかないかの違いになります。持分ありの医療法人では、出資した人は出資持分に応じて、出資持分払戻請求権と解散時の残余財産分配請求権があります。
現在は、新しく設立する医療法人に持分あり医療法人を選択することはできず、持分なし医療法人のみを設立することができます。持分あり医療法人は、持分なし医療法人への移行促進のための経過措置があり税務上のメリットがありますので、専門家である税理士にアドバイスを受けることをおすすめします。

3.特定医療法人、社会医療法人、基金拠出型医療法人、一般の持ち分なし医療法人
持分なし医療法人は、特定医療法人、社会医療法人、基金拠出型医療法人、一般の持ち分なし医療法人の4つにわけられます。
特定医療法人は税制上で認められている医療法人で、認められる要件が厳しい等というデメリットがありますが、税制上のメリットがたくさんあります。社会医療法人は公益性の高い医療法人で、救急医療等を提供し続けなければならない等のデメリットはありますが、税制上のメリットがたくさんあります。
基金拠出型医療法人は、持分なし医療法人の活動資金を確保するために新設された医療法人です。基金の拠出者は、拠出した資金の返還を請求することができます。一般の持ち分なし医療法人では、拠出した資金の返還を求めることができませんので、新たに設立される医療法人の多くは基金拠出型医療法人となっています。

あわせて読まれている記事

医療法人
医療法人の理事長報酬の決定方法と適切な水準
医療法人を設立すると、理事長報酬を決めなければなりません。理 ...
[続きを読む]
相続 医療法人 保険
医療法人での相続のための生命保険の活用方法
持分のある医療法人の場合、理事長の持っている出資持分は相続の ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 医療法人 開業医 開業支援 税務 医業経営 雇用
EMZ(エムズ)通信 第23号 2018年6月10日
  EMZ(エムズ)通信 2018年6月10日発行 ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 医療法人 開業医 個人事業主 税務 会計 医業経営 雇用 税金
EMZ(エムズ)通信 第28号 2018年7月17日
EMZ(エムズ)通信 2018年7月17日発行  第28号 ...
[続きを読む]