医院や病院の事業承継と売却

医院や病院を開業している場合、特に後継者問題にお悩みの方にとっては、医院や病院を今後はどのように続けていけばよいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は、医院や病院を次世代に残していくための方法を考えてみます。

11-1-min

1. 個人事業として医院や病院を開業し、後継者に事業承継したい場合
 個人事業として医院や病院を開業している場合で、親族等などの後継者に事業承継したいときには、まず相続による承継が考えられます。しかし、相続による承継ですと生前に事業を承継することができません。また、生前贈与という方法もありますが、贈与税が課税されます。譲渡という方法をとると、売買という形になりますので売買価額が現在価額より高ければ所得税が発生しますが、利益が出なければ所得税は発生しません。
 生前での事業承継では、贈与税が非課税の範囲で贈与を行うことに限界がありますので、譲渡という形をとるのが良いのではないでしょうか。ただし、親族間の売買であっても売買契約書を作成し、支払いもきちんとしていく必要があります。

11-2-min

2. 後継者がいない場合
 親族等に後継者がいない場合には、事業を廃業する以外の方法として、第三者に売却する方法があります。売却先としては、これから開業を考えている個人や、すでに開業している個人や医療法人があります。
 第三者に売却するときには、通常は譲渡価額は時価になります。医院や病院に経営上の有利な点があり時価以上の価値がある場合には、営業権を活用する方法もあります。

3. 医院や病院を売却するときの注意点
 医院や病院を売却するときには、土地・建物・医療機器など個別に譲渡手続きをとっていかなければなりません。未払金や借金があるかどうか、定期借地権があるかどうか、既存のスタッフをどのように扱うかなど考慮しなければならない点がたくさんあります。また、保健所や関係当局への提出書類もたくさんあるので、医院や病院の売却に詳しい税理士等の専門家に相談しながら、手続きをすすめるとよいでしょう。

あわせて読まれている記事

相続
相続にむけた準備
相続は、もうすぐ相続が発生すると予想することができることもあ ...
[続きを読む]
相続 節税 投資 海外投資 香港
海外の保険の活用
日本では超低金利のために、保険商品の予定運用利回りが低くなり ...
[続きを読む]
相続 贈与
相続と贈与の違い
相続対策をするときに、生前贈与という言葉が出てきます。そもそ ...
[続きを読む]
相続 医療法人 保険
医療法人での相続のための生命保険の活用方法
持分のある医療法人の場合、理事長の持っている出資持分は相続の ...
[続きを読む]