医院経営と医師の採用の現状

医院を経営していくには、医師を確保する必要があります。しかし、現状では必要な医師を確保することができない医院も多くあります。近年、医師不足が叫ばれていますが、医師採用の現状はどのようになものなのでしょうか。また医院経営のために医師を確保するためにはどうしたらよいのでしょうか。

28-1-min

1. 医師の採用の現状
 近年、高齢化社会で患者数が増加する中、特に大学病院や地方圏での医師不足が叫ばれています。診療科の中では小児科と産科の医師が不足していましたが、今では全般的な医師不足が問題となっています。
 医師不足の原因には、等のリスクに比べて得られる報酬が少ない、医療技術の発展やインフォームドコンセントの浸透により医師の仕事が増加している、高齢化社会によって慢性疾患や合併症が増加しており医師の仕事が増加している、といった理由があげられます。
29-2-min

2. 医院経営で医師を確保するには
医院経営で医師を確保する方法として、以前は、医局への依頼という方法が主な方法でしたが、近年で、紹介会社の利用という方法が増えてきています。医局に縛られることなく優秀な医師を確保したい場合には、紹介会社の利用を検討するとよいでしょう。
 医師の労働環境を整えることも大切です。医師の医局離れは、人間関係や職場環境が理由となっています。医院での医療の質を向上させるためにも、拘束時間やそれぞれの医師の事情に配慮するようにしましょう。

あわせて読まれている記事

経営 承継
事業承継をするための後継者の育て方
事業を行っている場合には、事業経営の安定化のために常に事業承 ...
[続きを読む]
経営 セカンドオピニオン 雇用 助成金
事業に役立つ助成金の受給方法
助成金とは、厚生労働省で取り扱っている支援金のことをいいます ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 経営 経営相談
EMZ(エムズ)通信 第19号 2018年5月16日
  EMZ(エムズ)通信 2018年5月16日発行 ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 経営 経営相談 経営改善 個人事業主 税務 事業承継 税金
EMZ(エムズ)通信 第22号 2018年6月5日
  EMZ(エムズ)通信 2018年6月5日発行 ...
[続きを読む]