病医院のM&Aと一般企業のM&Aとの違い

M&Aとは、買収・合併を意味します。M&Aといえば、一般企業の買収劇が頭に思い浮かぶ方も多いと思いますが、医業経営でもM&Aが存在します。今回は、病医院と一般企業のM&Aの違いについて解説します。

33-1-min

1. 病医院のM&Aには株式買占めはない
 病医院でも、医療法人ではなく別会社として法人化している会社であれば、一般会社と同じように株式買占めの方法によって、M&Aが可能になることもあります。しかし、医療法人では株式を発行していないので、事業承継という側面が強くなります。
 医療法人の場合は、持分がある場合には持分の買い取り、持分がない場合には退職金の支払いなどの方法でM&Aをすることが考えられます。医療法人が合併する場合には、一定数の社員の同意や理事の賛成が必要であり、都道府県知事の許可も必要になります。

35-2-min

2. 病医院のM&Aで気をつけること
 病医院のM&Aでは、一般の会社のM&Aと違い、行政の許可などが必要になります。行政との折衝を行いながら、買収先との交渉や具体的な手続きを行わなければならないので、複雑で時間も手間もかかります。
 病医院のM&Aでは、病医院のグループを形成して病医院を存続させるために行わることが多いのですが、病医院の存続のためには医師や医療スタッフの確保をしていかなければなりません。医師やスタッフを継続して雇用できるように配慮し、異なる病医院の組織文化を1つにするためのスタッフ交流の機会を積極的に作っていくことも大切です。

あわせて読まれている記事

医療法人
医療法人の理事長報酬の決定方法と適切な水準
医療法人を設立すると、理事長報酬を決めなければなりません。理 ...
[続きを読む]
医療法人
医療法人の形態によるメリットとデメリット
個人クリニックから医療法人へのステップアップを検討している場 ...
[続きを読む]
相続 医療法人 保険
医療法人での相続のための生命保険の活用方法
持分のある医療法人の場合、理事長の持っている出資持分は相続の ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 医療法人 開業医 開業支援 税務 医業経営 雇用
EMZ(エムズ)通信 第23号 2018年6月10日
  EMZ(エムズ)通信 2018年6月10日発行 ...
[続きを読む]