開業したら知っておくべき税金

個人事業主が開業すると、様々な節税ができるようになります。ですが、逆に知らないと、たくさんの税金を納めなければならないことになります。これから、一緒に節税の方法について探っていきましょう。

1. 自営業者が納めなければならない税金の種類
まず、一番代表的な税金として、「所得税」「住民税」があります。所得税では、その年にあげた純利益によって割合が変わってくる税金です。そして、所得税が国税であるのに対し、地方税も納めなければなりません。地方税の代表としては、「事業税」があります。しかし、個人事業主が課せられる「個人事業税」は290万円の空所がありますので、事業所得がそれ未満の場合、課せられることはありません。また、取引の時に、消費税がかかってくるので、それらも計算し、納付しなければなりません。まら、従業員を雇っている場合には、「源泉徴収」の義務も発生します。源泉徴収とは、従業員の給料から所得税・住民税を差し引いて、それを納付することです。

46-1-min

2. 節税方法について
節税の基本は、経費に計上できるものをなるべく経費とし、納める税金を減らすことにあります。例えば、プライベートで使っているインターネット回線を、事業の際に用いた場合、使っている割合に応じて、経費として計上することもテクニックの一つです。また、100㎠の面積で家賃10万円のマンションを借りていたとします、そのうち、2割である20cm㎠の面積の部屋を事務所として利用していた場合、おおよそ2万円×12か月=24万円を経費として計上することができます。
ここで注意しなければならないのは、高額で、長年にわたって使用できるものは、「減価償却」といって、何年かに分けてすこしずつ経費として計上していくことになります。この、何年に分けて計上するかは、物品ごとに国が「法定耐用年数」を定めています。例えば、小型車は耐用年数が4年なので、25%ずつ4年にわたって経費として計上していきます。また、「青色事業専従者給与」という制度を使って税金対策もできます。っこれは、家族を「事業専従者」として、給料を出すというものです。その給料は、経費として処理できるので、税金対策になるということです。

46-2-min

どうでしたか?少しは税金についての知識を得ることができたはずです。税金対策は難しいですが、しっかりやるとやらないでは、雲泥の差ですのでしっかり税金対策しましょう。

あわせて読まれている記事

節税 開業医
医師だけが使える節税法も?!
医院を開業していると、さまざまな税金がかかります。 今回は、 ...
[続きを読む]
節税 医療法人 法人設立
医療法人設立のメリット・デメリット
医者として個人事業をしていて法人化すると、何が変わるのでしょ ...
[続きを読む]
節税 経営相談
MS法人のメリット・デメリット
MS法人とは、メディカルサービス法人の略称です。医療法人では ...
[続きを読む]
節税 承継
個人クリニックの事業承継の特徴と節税ポイント
 個人クリニックで事業承継を行うときにはどのような特徴があり ...
[続きを読む]