開業医のためのライフプランニング

開業医が考えていかなければならないことに、ライフプランニングがあります。自分の人生のどの段階でどのような資金ニーズがるのか、その資金を得るために医院をどのように発展させていけばいいのか、資産をどのように形成していけばいいのか、など開業医のライフプランニングに必要な情報をまとめました。

06-1-min

1. 開業医のライフステージと必要な資金
ライフプランニングをするときに大切なのは、まず想定されるライフステージごとに必要な資金のニーズを把握することです。
開業医として開業する前の勤務医のときには、開業資金を貯めていく必要があります。結婚をしたり住宅を購入したりすれば、結婚資金、住宅資金も必要になります。その後、開業をして資金が足りなければ借入れをすることになりますので、借入れの返済をしていかなければなりません。個人として開業をして事業が順調であれば、医療法人化をすることを検討するかもしれません。いつまで仕事を続けるか、仕事を辞めた場合に事業はどうするのかによって、老後の資金対策も変わってきます。老後に必要な資金には、生活費、医療費、老人ホームの居住費等があります。この頃には、相続対策も考えていかなければなりません。

06-2-min

2. ライフプランニングと資産形成
ライフプランニングをするときに大切なことは、どのように資金を貯めていくかです。収入を得て稼いでも、資金として貯めていかなければ、必要なときに必要な支出をすることはできません。資金をどのようにして貯めるかを考えるときに重要なものとして、保険と投資があります。
 保険は、貯蓄と保障を両方備えているので、ライフプランニングをするときにはとても便利なサービスです。貯蓄をしていけると同時に、いざというときのリスクマネジメントにもなります。余裕資金があれば、金融資産や不動産への投資も検討するべきでしょう。預金として貯蓄しているだけでは、せっかくの資産から得られる収入はありません。金融資産と不動産への投資のどちらを選ぶかは、リスクとリターン、換金のしやすさから検討するとよいでしょう。

あわせて読まれている記事

開業支援 経営相談
開業に役立つ診療圏調査結果の見方
医院を開業するときに役立つものとして、「診療圏調査結果」とい ...
[続きを読む]
経営相談
診療報酬改定の今後の影響
診療報酬の改定は、国・地方自治体が今後、どのような医療に力を ...
[続きを読む]
経営相談 採用 接遇
売上アップにつながるスタッフ教育
売上アップを目標にしている経営者の方に、ぜひ実践してもらいた ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 経営 経営相談
EMZ(エムズ)通信 第19号 2018年5月16日
  EMZ(エムズ)通信 2018年5月16日発行 ...
[続きを読む]