開業時のサポーターの選び方

開業をするときには、さまざまな知識が必要になり、必要な手続きもたくさんあります。開業をするときには事業をはじめるための様々な準備もしなければなりませんので、アドバイスをしてくれたり、面倒な手続きを代行してくれるサポーターがいると便利です。開業時のサポーターはどのような人を選べばよいのかと、選ぶときに気をつけるべきポイントについて解説します。
03-1-min

1. 開業時に選ぶべきサポーター
新規開業や独立をして個人事業をはじめる場合、会計事務所や税理士法人が法人を設立する場合の支援をしてくれます。税理士の主な業務は税金の申告代行や税務相談ですが、新規開業や法人設立は税務業務と密接に結びついています。そのために会計事務所では、新規開業や法人設立の支援も行っているところがほとんどです。税理士のアドバイスを受けることで、新規開業や法人設立後も引き続き、会計・税務・経営面でのサポートも受けやすくなります。会計事務所や税理士法人では、司法書士・行政書士・社会保険労務士・弁護士と提携しているところも多く、必要な場合にはほかの専門家の紹介をしてくれます。
業種によっては、具体的な事業内容についての開業アドバイスを受けたい場合もあります。そのような場合には、その業界専門の経営コンサルタントに依頼するのも良いでしょう。

03-2-min

2. 開業時のサポーター選びで気をつけるポイント
開業時のサポートを選ぶ場合に気をつけたいポイントの第1にあげられるのは、新規開業や法人設立についてのきちんとした知識と経験があるかどうかです。会計事務所や税理士法人に所属する税理士であれば、国家資格を持っていますし、新規開業や法人設立にもかかわることが多いでしょう。経営コンサルトに依頼する場合には、過去の実績について調べることも必要です。
ポイントの第2にあげられるのは、信頼性です。新規開業や法人設立についての手続きをきちんと代行してくれるかどうかだけではなく、悩み事に親身になって適切なアドバイスをしてくれるかどうかも大切です。自分にあったサポーターを見つけるためには、電話やメールで依頼をするのではなく、実際に会って面談をしたうえで依頼をすることが大切です。

あわせて読まれている記事

新規開業 開業支援 資金調達
融資を可能にする開業計画書
開業資金に自己資金だけでは足りない場合には、融資を受けて資金 ...
[続きを読む]