開院後に患者が集まらない理由

せっかく開院しても、患者が集まらないために医院経営が行き詰まってしまう、そんな医院経営者がたくさんいます。開院後に患者が集まらない理由と対策について解説します。

20-1-min

1. 開院した地域で医院が認知されていない
 開院すれば、すぐに患者が集まると思っている医院経営者も多いのですが、開院したことがその地域で認知されていなければ、患者は集まりません。患者を集めるためには、開院したことを広告宣伝していかなければなりません。
 医院の広告宣伝をするときに気をつけなければならないことは、医療法の規制です。医院は通常の事業と違い、広告宣伝に関しての規制が多くあります。地域のイベントや、地域雑誌でのPRを行う、WebサイトでのPRを行う、口コミサイトやGoogleプレイスへの登録をするなどして、工夫をしながらPRをしていきましょう。

2. 患者とのコミュニュケーションを大切にする
 開院した当初は、患者が少ないかもしれませんが、患者とのコミュニュケーションを大切にした治療を行っていくことで、評判が広がり患者が増えるようになります。最近では、患者とのコミュニュケーションに力をいれる医院も増えてきていますので、医療カルテのほかに患者の仕事、趣味などを書き込む患者カードを作成して、患者一人一人を大切にしていくのも良い方法です。来院した患者へのアフターケアとして、治療後の検診、イベントなどの案内ハガキを出すのも良い方法です。患者は気に入った医院であれば、継続して通院してくれます。

20-2-min

3. 医療情報の提供をする
 医院は、患者にとっては治療だけでなく、医療についての正しい情報を得る場所としての役割も果たしています。ポスターやパンフレットなどで、来院する患者に必要な予防接種等の情報を掲示するようにし、受付でも口頭で案内を行えば、患者は自分にどんな医療が必要なのかが分かります。この医院に来院することで、必要な医療情報が得られると分かれば継続して通院してくれるようになります。

あわせて読まれている記事

医療法人 経営相談 個人事業主
医療法人化のタイミング
個人事業主として医院経営を行っている場合に、医院経営が順調で ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 節税 東京 経営 経営相談 経営改善 個人事業主 税務 会計 税金
EMZ(エムズ)通信 第40号 2018年10月2日
EMZ(エムズ)通信 2018年10月2日発行  第40号 ...
[続きを読む]
節税 経営相談
MS法人のメリット・デメリット
MS法人とは、メディカルサービス法人の略称です。医療法人では ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 節税 経営 経営相談 経営改善 税務 会計 香港 採用 海外 税金
EMZ(エムズ)通信 第42号 2018年10月16日
EMZ(エムズ)通信 2018年10月16日発行  第42号 ...
[続きを読む]