MS法人のメリット・デメリット

MS法人とは、メディカルサービス法人の略称です。医療法人では、医療法によって規制されているので営利事業を行うことができません。そこで医療法人とは別組織である株式会社等の一般会社を設立し、医療法人と関係する営利事業を担わせているのです。今回は、MS法人のメリットとデメリットを解説します。

16-2-min

1. MS法人のメリット
 MS法人のメリットは、医療法人としての制約にしばられることなく事業を行うことができるという点にあります。
 MS法人を設立することで、医療以外の事業を行うことができるため、事業の幅が広がります。たとえば、クリーニング業、飲食業、医療関係用品の販売業、病院の土地の貸付業等があげられます。医療法人としての規模が大きければ大きいほど、関係する事業も増えますが、中には医療法人として行うことができないものもあります。別法人にすることでこれらの事業を行うことができることが、MS法人最大のメリットといえるでしょう。
 MS法人を設立することで、節税対策になることもあります。医療経営とその他の事業経営を分散化することで、法人税の節税をすることができます。また、MS法人は医療法人と違い株式会社等の一般会社ですので、利益配当をすることもできます。

16-1-min

2. MS法人のデメリット
 MS法人のデメリットは、法人が増えることでコストが増えることです。
 MS法人を設立することで、組織が2つになるために管理事務のためのコストが増加します。法人住民税についても、2つの法人の分を納付しなければなりません。
 また、医療法人とMS法人は密接な関係のある法人となりますので、税務調査と対称になりやすくなります。このため、医療法人とMS法人と取引をするときには、税務上適切な取引になるように気をつけていく必要があります。

 MS法人を設立したほうが良いかどうかは、事業規模、経営状態、事業内容によります。事業規模が小さく、経営状態も悪く赤字であるような場合には、MS法人を設立してもコストが増えるだけですので、メリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまいます。事業規模が大きく、経営状態も良くさまざまな事業展開をしていきたい場合には、MS法人を設立することで多くのメリットを得ることができます。

あわせて読まれている記事

節税
クリニックの節税対策としての経営セーフティ共済
経営セーフティ共済という共済制度をご存知でしょうか。クリニッ ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 節税 東京 医療法人 開業医 開業支援 税務 会計 医業経営 税金
EMZ(エムズ)通信 第41号 2018年10月9日
EMZ(エムズ)通信 2018年10月9日発行  第41号 ...
[続きを読む]
税理士 港区 会計事務所 虎ノ門 節税 経営 事業計画 経営相談 経営改善 税務 会計 香港 海外 税金
EMZ(エムズ)通信 第57号 2019年1月21日
EMZ(エムズ)通信 2019年1月21日発行  第57号 ...
[続きを読む]
開業医 経営相談 資産運用
開業医のためのライフプランニング
開業医が考えていかなければならないことに、ライフプランニング ...
[続きを読む]