scroll_bottom scroll_top

個人事業主が開業 をするときには、さまざまな知識が必要になり、必要な手続きもたくさんあります。開業をするときには事業をはじめるための様々な準備もしなければなりませんので、アドバイスをしてくれたり、面倒な手続きを代行してくれるサポーターがいると便利です。開業時のサポーターはどのような人を選べばよいのかと、選ぶときに気をつけるべきポイントについて解説します。

1. 個人事業主が開業 時に選ぶべきサポーター

新規開業や独立をして個人事業をはじめる場合、会計事務所や税理士法人が法人を設立する場合の支援をしてくれます。税理士の主な業務は税金の申告代行や税務相談ですが、新規開業や法人設立は税務業務と密接に結びついています。そのために会計事務所では、新規開業や法人設立の支援も行っているところがほとんどです。

税理士のアドバイスを受けることで、新規開業や法人設立後も引き続き、会計・税務・経営面でのサポートも受けやすくなります。会計事務所や税理士法人では、司法書士・行政書士・社会保険労務士・弁護士と提携しているところも多く、必要な場合にはほかの専門家の紹介をしてくれます。

業種によっては、具体的な事業内容についての開業アドバイスを受けたい場合もあります。そのような場合には、その業界専門の経営コンサルタントに依頼するのも良いでしょう。

 

2. 開業時のサポーター選びで気をつけるポイント

開業時のサポートを選ぶ場合に気をつけたいポイントの第1にあげられるのは、新規開業や法人設立についてのきちんとした知識と経験があるかどうかです。会計事務所や税理士法人に所属する税理士であれば、国家資格を持っていますし、新規開業や法人設立にもかかわることが多いでしょう。経営コンサルトに依頼する場合には、過去の実績について調べることも必要です。

ポイントの第2にあげられるのは、信頼性です。新規開業や法人設立についての手続きをきちんと代行してくれるかどうかだけではなく、悩み事に親身になって適切なアドバイスをしてくれるかどうかも大切です。自分にあったサポーターを見つけるためには、電話やメールで依頼をするのではなく、実際に会って面談をしたうえで依頼をすることが大切です。

個人事業主の節税対策

お問い合せ内容

お問い合わせ種別
社名
部署名
氏名
ふりがな
お電話番号 - -
メールアドレス 確認のため、もう一度入力してください。
住所 -

個人情報保護方針
当社は、税務関連における機密性の高い個人情報を保護することが重要な責務であることを認識し、その取り扱いについて次のように定めます。当法人は、本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針に基づき個人情報保護マネジメントを構築します。

  1. 個人情報は、利用目的の範囲に限定して、適切な取得・利用・提供し、目的外利用を行わないことと併せて、そのための措置を講じます。
  2. 個人情報の漏洩、滅失又はき損等のリスクに関して、事故等の未然防止策及び是正に関する対策を実施し、個人情報に関するセキュリティー体制を継続的に向上させます。
  3. 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. ご本人から当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止の要請及び苦情相談については、下記窓口で迅速に対応致します。
  5. 当法人は、全従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護するための個人情報マネジメントシステム(当法人が保有する個人情報を保護するための方針、規程、基準、組織、計画、実施、監査および見直しを含むマネジメントシステム)を策定し、実施し、維持し、継続的に改善します。

本方針は、外部公開するとともに全従業者に周知し、各自の教育、啓発に努め個人情報保護意識の向上を図ります。本方針並びに個人情報に関してのお問合せ・ご相談・苦情等は、EMZ(エムズ)株式会社(TEL.03-5797-8648)迄、ご連絡をお願いします。

カテゴリー: