EMZTIMES

個人事業主の節税対策

個人事業を行っていて、税金の支払いにお悩みの方も多いと思います。今回は、個人事業主が法律の範囲内で節税する方法について解説します。

14-1-min

1. 青色申告制度を利用する
 個人事業主が節税をするためには、まず確定申告時に青色申告制度を利用することがポイントとなります。青色申告制度を利用するには、日々の会計管理をしていかなければなりませんが、税理士などの専門家を利用したり初心者用の会計ソフトを利用するという方法で、日々の会計管理をしていくことができます。
 青色申告制度を利用する最大のメリットは、最大65万円の青色申告特別控除を利用することができることです。そのほかにも、家族に支払う給与として青色専従者給与を利用することができること、事業が赤字になった場合に3年間の赤字の繰越をすることができること、貸倒引当金の計上をすることができることなどがあります。

14-2-min

2. 経費を洗いなおす
 青色申告制度を利用するためには会計管理をしっかりと行っていかなければなりませんが、会計管理をしていくことで節税につながっていきます。
 個人事業主の経費として認められるものは、事業に必要な支出です。たとえば家賃、水道光熱費・携帯電話代・ガソリン代のうち何割かを事業として使用しているのであれば、その割合を経費とすることができます。割合については、合理的な範囲内で自分で決めることができます。

3.保険を活用する
 個人事業主の節税対策として利用を検討するとよい保険制度に、小規模企業共済と中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)があります。どちらも掛金を必要経費とすることができます。

  • ミツモアバッジ