scroll_bottom scroll_top

医師の節税 方法について解説していきます。医院を開業していると、さまざまな税金がかかります。今回は、医院を経営していく中で、法律の範囲内でできる主な節税方法をご紹介したいと思います。それぞれ、要件に当てはまるかどうかはぜひEMZ国際投資税理士法人へお問い合わせください。

医師の節税 には医院の医療法人化が効果的

個人開業医として医院を経営している方はたくさんいらっしゃると思いますが、医院の規模が大きくなった場合には、医療法人化したほうが税金上のメリットがあることがあります。

まず、個人経営では所得に対して所得税がかかります。医療法人化をすると法人から給与をもらい、給与に所得税がかかることになります。給与になると給与所得控除を受けることができますので、その分所得税は安くなります。

また、日本の所得税の課税制度は収入が多ければ多いほど税率が高くなる累進課税制度を採用しているので、ある程度、医院経営の規模が大きくなって収入が増えてきた場合には、医療法人化をして、給与に対する所得税と法人の利益に対する法人税を支払ったほうが、個人経営で所得税だけを支払うより安くなることが一般的です。

どのくらいの規模で法人化をすることが良いのかは、シュミュレーションが必要になりますので、税金の専門家である税理士にアドバイスを受けることをおすすめします。

 

社会保険診療報酬の所得計算の特例を使いましょう

医院を開業していると、社会保険診療報酬が発生します。これは売上として計上されるものです。そして、税金は売上から支払った経費を差し引いた金額をもとに計算されます。

医院経営や医療法人の場合、社会保険診療の収入が5,000万円以下の場合に、実際にかかった経費の額ではなく、一定の算式で概算経費を計算して経費とすることができます。実際にかかった経費が概算経費より少ない場合には、この特例を適用したほうが節税対策となります。

特例計算の適用要件にあてはまるかどうかの判断や、実際の経費計算は複雑なものとなりますので、税金の専門家である税理士にアドバイスを受けることをおすすめします。

 

医師必見のほか記事はこちら

 

疑問点やご質問がある方は是非下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

お問い合せ内容

お問い合わせ種別
社名
部署名
氏名
ふりがな
お電話番号 - -
メールアドレス 確認のため、もう一度入力してください。
住所 -

個人情報保護方針
当社は、税務関連における機密性の高い個人情報を保護することが重要な責務であることを認識し、その取り扱いについて次のように定めます。当法人は、本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針に基づき個人情報保護マネジメントを構築します。

  1. 個人情報は、利用目的の範囲に限定して、適切な取得・利用・提供し、目的外利用を行わないことと併せて、そのための措置を講じます。
  2. 個人情報の漏洩、滅失又はき損等のリスクに関して、事故等の未然防止策及び是正に関する対策を実施し、個人情報に関するセキュリティー体制を継続的に向上させます。
  3. 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. ご本人から当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止の要請及び苦情相談については、下記窓口で迅速に対応致します。
  5. 当法人は、全従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護するための個人情報マネジメントシステム(当法人が保有する個人情報を保護するための方針、規程、基準、組織、計画、実施、監査および見直しを含むマネジメントシステム)を策定し、実施し、維持し、継続的に改善します。

本方針は、外部公開するとともに全従業者に周知し、各自の教育、啓発に努め個人情報保護意識の向上を図ります。本方針並びに個人情報に関してのお問合せ・ご相談・苦情等は、EMZ(エムズ)株式会社(TEL.03-5797-8648)迄、ご連絡をお願いします。

カテゴリー: