scroll_bottom scroll_top

医療法人設立 のメリットについて解説していきます。医者として個人事業をしていて法人化すると、何が変わるのでしょうか。医療法人を設立することのメリットとデメリットを解説します。医療法人化するには、メリットとデメリットをよく検討することが大切です。

医療法人設立 のメリット

医療法人を設立するメリットの大きなものに、節税対策があげられます。医院の経営が順調で所得が増えてきた場合には、所得税率より法人税率のほうが低くなります。

また、理事の報酬は給与所得になるので、給与所得控除が適用することができます。経費についても、個人医院の場合は役員の退職金を経費とすることができませんが、医療法人の場合は役員の退職金を経費として支給することができます。赤字が出た場合、個人事業だと3年までの繰越ししか認められませんが、法人の場合は9年まで繰越控除をすることができます。

次に、法人設立をすることで経営を適正化できるというメリットがあげられます。医療法人用の口座を作り、個人と事業の資金を明確に分けることができます。そのほかにも、医療法人となることで社会的信用が増し、融資を受けやすくなる、介護事業の参入がしやすくなる等のメリットもあります。

医療法人設立のデメリット

医療法人設立にはデメリットもあります。節税対策について、医院経営が順調でなく所得が低い場合には所得税率が低いために、医療法人化すると税金が高くなってしまうことがあります。医療法人とすることで、法人市民税と法人県民税を支払う必要があり、これらの税金は赤字であっても支払わなければならない均等割りという部分があります。経営が赤字の場合は、均等割りが負担となってしまいます。

また、医療法人化することで社会保険の加入義務が生じます。社会保険に加入するとスタッフの社会保険料の半額は医療法人の負担となります。そのほかにも、医療法人化することで監督官庁等の指導が強化される、事務処理が増加する等のデメリットもあります。

さらに医療法人にする最大のデメリットとして、医療法人の場合は、株式会社と異なり持分のない医療法人しか設立することができないということがあります。医療法人を解散してしまうと財産は国や地方公共団体に帰属することになります。

医師の節税 ! ~医師だけが使える節税法を大公開~

お問い合せ内容

お問い合わせ種別
社名
部署名
氏名
ふりがな
お電話番号 - -
メールアドレス 確認のため、もう一度入力してください。
住所 -

個人情報保護方針
当社は、税務関連における機密性の高い個人情報を保護することが重要な責務であることを認識し、その取り扱いについて次のように定めます。当法人は、本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針に基づき個人情報保護マネジメントを構築します。

  1. 個人情報は、利用目的の範囲に限定して、適切な取得・利用・提供し、目的外利用を行わないことと併せて、そのための措置を講じます。
  2. 個人情報の漏洩、滅失又はき損等のリスクに関して、事故等の未然防止策及び是正に関する対策を実施し、個人情報に関するセキュリティー体制を継続的に向上させます。
  3. 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. ご本人から当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止の要請及び苦情相談については、下記窓口で迅速に対応致します。
  5. 当法人は、全従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護するための個人情報マネジメントシステム(当法人が保有する個人情報を保護するための方針、規程、基準、組織、計画、実施、監査および見直しを含むマネジメントシステム)を策定し、実施し、維持し、継続的に改善します。

本方針は、外部公開するとともに全従業者に周知し、各自の教育、啓発に努め個人情報保護意識の向上を図ります。本方針並びに個人情報に関してのお問合せ・ご相談・苦情等は、EMZ(エムズ)株式会社(TEL.03-5797-8648)迄、ご連絡をお願いします。

カテゴリー: