EMZTIMES

在宅医療とクリニック経営

総合病院での点数制度の改正による長期入院患者の減少、慢性疾患の増加などの理由から、クリニック医療として在宅医療が期待されています。今後の高齢化社会到来に備えるためにも、クリニック経営と在宅医療は切り離せないものとなっていくでしょう。今回は、クリニック経営に在宅医療を取り入れていくためのポイントについて解説します。
30 (3)

1.在宅医療に積極的に取り組む理由
クリニック経営をしていくうえでは、国の医療制度の方針を見極めて医療サービスを展開していくことが大切です。政府は、医療費削減を目指すために、疾病予防と在宅医療に力をいれる方向性を示しています。すでに入院日数により点数を変えることで長期入院をすることが困難になり、慢性病患者は退院を余儀なくされています。今後は高齢化社会がますます進むことで、さらに在宅医療の必要性が高まっていき、医療制度も在宅医療に手厚い制度となっていくことが予想されます。
クリニック経営も、在宅医療を取り入れた医療サービスの提供をすることで、安定した経営を目指すことができるようになると思われます。在宅医療では定期訪問診療が中心になりますので、安定した収入が得られるようになるでしょう。

30

2.在宅医療のマーケティング
在宅医療サービスを提供するためには、以前に勤務していた大病院との提携や地域のヘルパー施設などと提携することで、容易に患者数を確保することができると思います。
ただし、新たにクリニックをはじめる場合には、大きな医療法人のない地域がのぞましいといえるでしょう。なぜなら大きな医療法人はすでに提携しているクリニックがあったり、在宅看護センターや特別養護老人ホームを多角的に経営していたりするので、患者が囲い込まれている可能性が高いからです。

  • ミツモアバッジ