scroll_bottom scroll_top

日本と海外では、教育方法に大きな違いがあります。日本の教育現場で、不登校、学力低下等の問題があるために、子供に海外の教育を体験させたいと考えている親もたくさんいます。

日本と海外の教育の違い

日本と海外の教育の違いとして、まず入学時のシステムが違うことがあげられます。日本の大学では受験勉強が大変で、受験戦争を乗り越えることができれば入学後の勉強について重視されない傾向にあります。しかし、海外では入学よりも卒業するための勉強のほうが大変な傾向にあります。

日本と海外は、教育方針も異なります。日本では、先生が生徒を教え指導するという方針がほとんどです。しかし、海外では生徒の自主性を尊重し、生徒自身の頭で考えていくという方針をとっていることが多い傾向にあります。このことから、国民性として、自分の意見をはっきり言うことができるかどうかの違いにつながっていると考えられています。

海外での教育を体験するには

国際社会化が進み、日本でも日本の文化や言語だけを学ぶよりも積極的に海外の教育を取り入れ、海外の価値観や文化を共有していこうという考え方が広がっています。海外での教育を体験するには、留学やホームステイという方法で海外で学ぶ方法と、日本にいながら海外教育を実践している学校に入学したり学習体験をしたりする方法があります。

最近では日本でも、子供の頃から経営者教育や人材教育を受け社会をリードする人材を育成することを目的で、世界各国から生徒を集めて教育を実践している学校もあります。

お問い合せ内容

お問い合わせ種別
社名
部署名
氏名
ふりがな
お電話番号 - -
メールアドレス 確認のため、もう一度入力してください。
住所 -

個人情報保護方針
当社は、税務関連における機密性の高い個人情報を保護することが重要な責務であることを認識し、その取り扱いについて次のように定めます。当法人は、本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針に基づき個人情報保護マネジメントを構築します。

  1. 個人情報は、利用目的の範囲に限定して、適切な取得・利用・提供し、目的外利用を行わないことと併せて、そのための措置を講じます。
  2. 個人情報の漏洩、滅失又はき損等のリスクに関して、事故等の未然防止策及び是正に関する対策を実施し、個人情報に関するセキュリティー体制を継続的に向上させます。
  3. 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. ご本人から当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止の要請及び苦情相談については、下記窓口で迅速に対応致します。
  5. 当法人は、全従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護するための個人情報マネジメントシステム(当法人が保有する個人情報を保護するための方針、規程、基準、組織、計画、実施、監査および見直しを含むマネジメントシステム)を策定し、実施し、維持し、継続的に改善します。

本方針は、外部公開するとともに全従業者に周知し、各自の教育、啓発に努め個人情報保護意識の向上を図ります。本方針並びに個人情報に関してのお問合せ・ご相談・苦情等は、EMZ(エムズ)株式会社(TEL.03-5797-8648)迄、ご連絡をお願いします。

 

カテゴリー: