EMZTIMES

海外での教育を体験するには

日本と海外では、教育方法に大きな違いがあります。日本の教育現場で、不登校、学力低下等の問題があるために、子供に海外の教育を体験させたいと考えている親もたくさんいます。

54-1-min

1.日本と海外の教育の違い
 日本と海外の教育の違いとして、まず入学時のシステムが違うことがあげられます。日本の大学では受験勉強が大変で、受験戦争を乗り越えることができれば入学後の勉強について重視されない傾向にあります。しかし、海外では入学よりも卒業するための勉強のほうが大変な傾向にあります。
 日本と海外は、教育方針も異なります。日本では、先生が生徒を教え指導するという方針がほとんどです。しかし、海外では生徒の自主性を尊重し、生徒自身の頭で考えていくという方針をとっていることが多い傾向にあります。このことから、国民性として、自分の意見をはっきり言うことができるかどうかの違いにつながっていると考えられています。

54-2-min

2.海外での教育を体験するには
 国際社会化が進み、日本でも日本の文化や言語だけを学ぶよりも積極的に海外の教育を取り入れ、海外の価値観や文化を共有していこうという考え方が広がっています。海外での教育を体験するには、留学やホームステイという方法で海外で学ぶ方法と、日本にいながら海外教育を実践している学校に入学したり学習体験をしたりする方法があります。
 最近では日本でも、子供の頃から経営者教育や人材教育を受け社会をリードする人材を育成することを目的で、世界各国から生徒を集めて教育を実践している学校もあります。

  • ミツモアバッジ