EMZTIMES

相続と贈与の違い

相続対策をするときに、生前贈与という言葉が出てきます。そもそも、相続と贈与はどのように違うのでしょうか。相続対策をするときに贈与をどのように利用すると節税になるのでしょうか。

15-2 (1)-min

1. 相続と贈与の違い
 相続は、人が亡くなったときに生前に持っていた財産を、相続人が引き継ぐことです。相続には、単純承認・限定承認・相続放棄の3つの種類があり、それぞれ手続きが異なります。どの相続の方法を選ぶかは、相続財産に借金があるかどうか、相続をしたいかどうかによります。
 贈与は、民法上の契約の一種で、特定の人に財産を無償で譲ることです。

15-1-min

2. 相続税と贈与税の違い
 相続が発生したり贈与が行われたりすると、相続税や贈与税がかかります。人が亡くなったときに相続人が財産を引き継ぐことで払わなければならない税金が相続税で、生きている人から財産をもらったときにかかる税金が贈与税です。
 相続税と贈与税の大きな違いは、基礎控除額が違うことです。基礎控除額の範囲内では税金がかかりません。相続税の基礎控除額は、3,000万円+600万円×法定相続人の数となります。贈与税の基礎控除額は、1年につき110万円となります。
 相続税と贈与税は、基礎控除額を超えた部分から発生しますが、税率も異なります。相続税と贈与税では、贈与税のほうが税率が高くなっています。

3. 相続税の節税対策として生前贈与を利用する
 相続税の節税対策として生前贈与を利用する場合、最も一般的な方法は、贈与税の基礎控除額の範囲内で贈与をしていくという方法です。ただし、相続税を逃れるために贈与をしていると判断されてしまうと、贈与税がかかってしまう場合があります。これを避けるために贈与契約書を作成する、毎年異なる金額を贈与するなどの方法がありますが、詳しくは税金の専門家である税理士に相談することをおすすめします。

  • ミツモアバッジ