EMZTIMES

開業時に内装コストを低く抑えるためには

開業準備をしようと思っている方にとって、最初の内装工事は頭の痛い問題です。内装コストを抑えれば抑えるほど、資金をその他の開業資金や開業後の運転資金に使うことができます。開業時の内装コストをなるべく低くおさえるには、どのような方法があるのでしょうか。

21-1-min

1. 複数の業者に見積もりをとってもらう
開業をするにはさまざまな準備が必要です。できるだけ手間を少なくしたいという気持ちから、内装工事の業者を決めるときにも、最初に問い合わせをした施工業者に依頼をしてしまいがちです。しかし、1つの施工業者に見積もりだけでは相場が分かりません。複数の施工業者に見積もりをとってもらうようにしましょう、最低でも3社程度の見積もりがあると良いでしょう。
複数の施工業者に見積もりをとってもらうことで、値引き交渉を有利に進めることもできます。また、施工業者を選ぶときには、自分が開業しようと思う業界の店舗を多く請負っている施工業者がよいでしょう。

21-2-min

2. 内装工事の一部をDIYで行う
 内装コストを低く抑えるために、内装工事の全てを施工業者に任せるのではなく、一部をDIYで行う方法があります。施工業者に見積もりを出してもらうときに、工事内容についての打ち合わせを行い、自分でできる部分については見積もりから外してもらいます。
このときに、水まわりの工事や棚の取り付けなど、安全にかかわるような箇所は施工業者に任せたほうが安心です。飾り付け、インテリア部分などについては自分で行うことができます。自分でDIYを行うことで、自分の店舗に愛着もわくのではないでしょうか。

  • ミツモアバッジ